第43回日本静脈学会総会 The 43rd Annual Meeting for Japanese Society of Phlebology

2023年7月6日(木)~7月7日(金)

会長挨拶

第43回日本静脈学会総会
会長 八杉 巧
愛媛大学大学院医学系研究科 基盤・実践看護学 教授

第43回日本静脈学会総会の開催にあたって

この度、2023年7月6日(木)、7日(金)に第43回日本静脈学会総会を愛媛県県民文化会館において 開催させていただくことになりました。本総会が松山で開催されるのは、恩師である 故 恒川謙吾愛媛大学名誉教授が会長を務められた1990年の第10回以来、33年ぶりであります。当時、恒川第一外科教室の助手であった私が伝統ある本総会を主催することになりましたこと、大変光栄で名誉であると受けとめるとともに、岩井武尚日本静脈学会理事長をはじめ学会会員各位には謹んで感謝申し上げます。

私は現在、愛媛大学医学部附属病院において心臓血管外科医として脈管疾患の診療に携わっており、 静脈学における診断学の進歩やガイドラインの充実、手術における革新的ディバイスの開発、治療におけるDOACの浸透など多様性と「動き」を肌で感じながら日々研鑽を積み、奮闘しております。

今回のテーマは、「躍動する静脈学:Dynamic Phlebology」といたしました。DynamicということばにはLink、融合の意味あいも含めています。すなわち静脈と他の脈管との関連検討、ベテランと若手の交流、男女共同参画、多職種によるチーム医療の活性化などを意図しており、多角的に議論・討論していただき、人とのつながりを拡げていただきたいと考えています。また、地方会の活動についてもご披露いただきたいと考えています。本総会におきましては静脈疾患、リンパ系疾患、脈管形成異常の臨床と基礎に加え、血管内グルー治療の進歩、新規保険収載された静脈ステント、ブラッドアクセスに採用されたディバイス、静脈うっ滞性潰瘍に対する圧迫療法、COVID-19と血栓症など最近の話題で、かつこれからも追及が求められるテーマにつきましても活発な交流の場を設けさせていただく予定です。従来通りの下肢静脈瘤血管内治療研修会、弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター講習会、内視鏡下静脈疾患治療研究会の併催も予定しています。新型コロナウイルス禍は、まだまだ予断を許さない状況ではありますが、現地開催を目指して支障なく総会運営ができますよう鋭意準備を進めてまいります。

会場の愛媛県県民文化会館は「日本三大古湯」の道後温泉にも近く、松山は俳人正岡子規の故郷でもあります。会期中「Dynamic」に学問を突き詰めるとともに、総会前後や空いた時間に当地で心身ともに癒していただきたいと思っております。運営スタッフ一丸となってお迎えいたしますので、多数の先生方のご参加を心よりお願い申し上げます。

ページの先頭へ

Copyright © 第43回日本静脈学会総会. All Rights Reserved.